シグナリフトは美白効果があるのか調べてみました

MENU

シグナリフトは美白効果があるのか調べてみました

再生医療センターによって開発されたシグナリフトは、お肌の細胞間にまで浸透し、内側からの美肌を叶える期待の幹細胞美容液。

 

シグナリフトのオフィシャルサイトをチェックしてみると、シワやたるみに特化された美容液であることがUPされているのですが、シミやくすみなどの美白効果は期待できるのでしょうか?

 

今回は、シグナリフトの製法やブレンドされた成分を調査し、美白の効果があるのか検証してみました。

 

シグナリフトは美白に特化されたAPPS(浸透型ビタミンC)を配合!

シグナリフトの効果の決め手となる配合成分をチェックしてみると、美白に特化されているAPPS(浸透型ビタミンC)が使われていることがわかりました。わたしたちがよく知るビタミンCとは違い、浸透型というネーミングが特徴で、お肌の内部にまでしっかりと取り込むことができるメリットがあります。

 

APPS(浸透型ビタミンC)によって、紫外線を受けて発生するメラニンの生成を抑えたり、お肌内部に蓄積されたままのメラニン色素を排出することができるため、シグナリフトは美白への効果が高いと期待できます!

 

お肌細胞をあたらしく生成!

美白には、直接的な効果はないのですが、シグナリフトには、お肌を新しく再生するための5種ものシグナペプチドがブレンドされています。この5種ものシグナペプチドによって、シミのあるお肌のターンオーバーを活性化し、クリアな美肌へと再生する効果があるため、シミやくすみを目立たなくさせる効果が期待できます。

 

ただ、シグナリフトはもともとシワやたるみなどのエイジングサイン専用につくられた幹細胞美容液なので、美白効果の実感度は個人差があり、副次的な効果であることも知っておきましょう。

 

シグナリフトの美白効果を高めるコツ

シグナリフトは、洗顔後に塗布し、その後クリームなどでお手入れする使い方が推奨されています。

 

シグナリフトの美白成分、APPS(浸透型ビタミンC)や、お肌再生にアプローチするシグナペプチドなどの有効成分の効果を最大限に引き出すために、美白に特化されたクリームを併用すると、相乗効果があらわれやすいといえます。

 

〜おわりに〜

保湿成分が多いシグナリフトですが、お肌の細胞間までがうるおいで満たされると、紫外線ダメージから強い肌質になり、結果シミのできにくい美肌になることが可能!美白への即効的な効果はないものの、使うたびに新しい美肌を実感できるので、継続して使用することがおすすめです。

 

⇒ シグナリフトを実際に使ってわかった効果と評判 本当の口コミはこちら


シグナリフトの詳細・価格はこちら

シグナリフトの口コミ