シグナリフトの全成分を徹底研究 危険な成分は含まれていない?

MENU

シグナリフトの全成分を徹底研究 危険な成分は含まれていない?

デリケートな肌質にも安心・安全な無添加処方で、今あるエイジングサインをスムーズに解消してくれるシグナリフト。

 

シグナリフトには、たくさんの美肌成分が含まれていますが、全成分をチェックしたときに、危険性はないのか、気になるポイントですよね。

 

ここでは、シグナリフトの全成分を徹底分析し、お肌への負担があるのかを調べてみました!

 

シグナリフトの全成分はコチラ


プロパンジオール
ペンチレングリコール
チレッタセンブリエキス
ヘキサペプチド-33
スフィンゴミエリン
オリゴペプチド-24
オリゴペプチド-34
オリゴペプチド-41
デカペプチド-4
カプロオイルテトラペプチド-3
加水分解コラーゲン
ヒアルロン酸Na
加水分解ヒアルロン酸
カルボキシメチルヒアルロン酸Na
水溶性プロテオグリカン【乳化剤】
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na
ヒメコウジ葉エキス
水添ホスファチジルコリン【乳化剤】
フィトステロールズ
セラミドNP
フラーレン
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
シア脂
カプリル酸グリセリル
グリセリン
キシリトール
デキストラン
マルトデキストリン
キサンタンガム
BG
PVP
カルボマー
水酸化K

 

無添加処方ではあるものの、全成分をチェックすると、お肌に負担を与えてしまうものもいくつかがあるようですね…。

 

シグナリフトの成分で危険なのは?

前項でご紹介した全成分のなかで、お肌に負担をかけてしまう恐れのあるものをまとめてみました。

カルボマー

お肌への危険性はないものの、この成分によってスキンケア時にモロモロが出てしまう恐れがあります。

BG

多くの化粧品に配合されている成分ですが、ときに敏感肌には大きな刺激になることも。

カプリル酸グリセリル

界面活性剤の一種であり、紫外線を吸収してしまうリスクを持ちます。

水酸化K

肌荒れを防ぐ効果のある成分ですが、肌質を弱くしてしまう副作用が報告されています。

 

シグナリフトを安全に使用するためには?

お肌への重大な危険性をもたらしてしまう成分は配合されていないものの、心配な点もありますよね。

 

シグナリフトは、アトピーやアレルギーを持つ人にも多く使用されているため、安全性は高いのですが、使用前には必ずパッチテストを行いましょう。

 

お肌のコンディションを確認しながら使用すると、本当に安全使用ができるかの見極めがつきます。もし、お肌に合わない場合でも返金保証制度が設けられているため、ナーバスになりすぎないことも大切ですよ。

 

おわりに

全成分の情報、いかがでしたか?どんな成分であっても、良い部分・悪い部分の両方があるんですよね。

 

シグナリフトは安全性にも配慮された逸品となっているため、あなたのお肌でぜひその効果を実感してくださいね。

 

⇒ シグナリフトを実際に使ってわかった効果と評判 本当の口コミはこちら


シグナリフトの詳細・価格はこちら

シグナリフトの口コミ